バイオレンスアニメ「DAHUFA -守護者と謎の豆人間-」日本公開決定!

中国史上初の年齢制限付のアニメとして注目を集め、過激な暴力描写で熱狂的な支持を得たバイオレンスアニメ映画「大護法」は、「DAHUFA -守護者と謎の豆人間-」の邦題で日本公開が決定した。


いまだ映画へのレイティング制度がなく、アニメ作品は子供向けとされている中国本土において制作側が「13歳未満の鑑賞はお控えください」と自主規制したことでも話題を集めた本作。中国本土では日本円で約13.5億円のスマッシュヒットを記録している。


王宮から失踪した皇太子を捜すため、とある謎の村に辿り着いた奕衛(イーウェイ)国の守護者ダフファー。そこで暮らしていた自らの意志を持たず喋らない見た目もそっくりな村の住人たちには、不気味な気配が漂っていた。ダフファ―は、この村に隠された秘密に迫っていく…。

このたび解禁されたポスタービジュアルでは、“そこは、ニセモノの目と口を付け人間を夢見る亡霊たちの村ー”というコピーが添えられ、主人公のダフファ―が奇妙な姿形をしたヒトのような生き物たちに囲まれる様子が写しだされている。


『DAHUFA -守護者と謎の豆人間-』

監督:不思凡(Busifan)

製作:光線彩条屋影業、好傳動画

提供:面白映画

配給:Atemo

Enlight Pictures. (C)FACEWHITE PICTURES.